スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

彫刻クラブ

彫刻クラブ

島根県西部の石見(いわみ)地方に伝統芸能の
石見神楽(いわみかぐら)があります。
 
 神楽(かぐら)に用いられる面は明治の始め頃までは木彫面でしたが当時、浜田(長浜)の住人で人形師・木島仙一により和紙による面が考案されました。その後、この石見地方の多くの社中では和紙面を用いるようになりました。

 しかし近年の神楽ブームにより木彫面の持つ重圧さや彫りの深さなどの良さが評価されるようになりました。

 私たちはこの伝統的な木彫面を益田市在住の神楽面打ち師・寺井龍月氏に師事し、木彫面の創作に励んでいます。東に浜田の和紙面があれば、西に益田の木彫面ありという意気込みを持ち、近代的な手法なども取り入れて一面いちめん魂を込めた作品を作っています。
(彫刻クラブさんのホームページからそのまま記事をお借りしました)

木彫り面の素晴らしさを受け継いでおられる方々です。
ちなみに当保存会にも彫刻クラブの方が作られた面も使用しております

彫刻クラブへGO!



スポンサーサイト

2008/02/14 00:27 | くくもマン日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

突っ込みどころがない^^;

だけど、この世界も一旦足を入れると抜け出せない感じがするね・・・この次こそは!この次こそは!と思いながら死ぬまでエンドレスの世界なんだろうね・・・

No:196 2008/02/19 09:07 | 噂の匿名 #- URL [ 編集 ]

エンドレス・・・

確かに・・・
実家に帰るたびに玄関に飾ってある面が
増えていっておりますi-230

No:197 2008/02/19 10:31 | ごんぞう #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。